全国的にさくらが咲く4月ですが、沖縄ではすでに海開きが始まっています。

海も綺麗で気温も暑すぎずゴールデンウィークが過ぎると例年梅雨が始まるので一番よい季節かもしれません。

ちょっと気を付けたいのは紫外線がかなり強いのでラッシュガードなどを着るなどをして肌を露出しすぎないこと!

岩や石などで怪我をしないようにマリンシューズなどを履いて素足で歩かないことでしょうか。

自分からは攻撃をしないことが多いですが毒がある海中生物もいるので注意も必要です。

特に子どもさんが一緒で海水浴などをするときは防護ネット内で遊ぶことを強くオススメします。

実は沖縄の海でこんな物体を見つけてしまいました。

知り合いの漁師さんもはじめて見た人が多く、この物体が何だかわからなくて

「新種の生物発見かっ?」

と一時騒然としましたが、調べてみると「銀貨くらげ」というらしいです。

つい触ってみたくなるような色・形をしているこの「ギンカクラゲ」

砂浜に打ち上げられ死んでいても刺胞にさわると刺されるそうです。

毒性は低いらしいけど少しは痛いはず!

沖縄には猛毒を持つ「ハブクラゲ」もいるのでそれらも含めて

うっかり触ってしまわないように気をつけましょう!

そのためにもラッシュガードや素足で歩かないことが対策になりますね!